頭部のない女性の遺体見つかる、ホーチミン7区で飛び降り自殺か

2020年11月10日(火)17時18分 公開
頭部のない女性の遺体見つかる、ホーチミン7区で飛び降り自殺か

<写真:©︎Tuoi Tre>

 

11月8日(日)午前、ホーチミン市7区のアパートで頭部のない女性の遺体が発見された。

遺体と遺体の発見された現場は血まみれになっており、物々しい雰囲気となったという。

警察は自殺の可能性も視野に入れて捜査を行っている。

 

ホーチミン市の警察によると、頭部のない女性の遺体が発見されたのは7区にあるアパート「ホアン・アイン・タイン・ビン」で、アパートの住人が8日13時10分頃に同アパートブロックBの3階の吹き抜け部分で発見したという。

Tuoi Treニュースの報道によると、女性の遺体は発見当初、頭部がなく胴体部分だけで、半裸の状態だったという。

その後、頭部は胴体から数メートル離れた場所で発見された。

 

警察の捜査によると、遺体で発見された女性はアパートの31階で妹と暮らす33歳の女性。

 

女性は2013年からうつ病を抱えており、いくつかの精神科病院で治療を受けていたという。

最近はうつ病が重症化していたことから、警察はその影響で飛び降り自殺をした可能性も視野に入れて捜査を進めている。

現時点で、事件か事故かは明らかになっていない。

 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板