ベトナム配車アプリ、新規2社が参入

2020年02月12日(水)00時00分 公開
ベトナム配車アプリ、新規2社が参入

 

ベトナムの配車アプリ市場に新たにUnicar(ユニカー)とZuumViet(ズームベト)の2社が参入した。すでに、GrabやGoViet、Be、FastGoなどのブランドがベトナムではサービスを展開しており、配車アプリ市場は既に飽和状態とみられていたが、今回の新規参入で、競争がさらに激化することが予想されている。

 

Unicarは、ベトナム中部のゲアン省の若者らが開発したアプリで、現在、ゲアン省内で試験運用されているが、近々、フエとダナンでもサービスの提供を開始する予定だ。

 

Unicarは、自動車配車のUni Car(ユニカー)やバイク配車のUni Bike(ユニバイク)、配達サービスのUni Fast(ユニファスト)、貨物輸送サービスのUni Truck(ユニトラック)、自動車レンタルのUni Rent(ユニレント)などのサービスを提供している。

 

一方、ZuumViet(ズームベト)は、サービス展開に向けて既にドライバーを募集している。他社との差別化のために制服は紫色だ。

 

ZuumVietのサービスには、自動車配車のZuumCar(ズームカー)、バイク配車のZuumBike(ズームバイク)、および、アウディやBMWなどの高級車の配車サービスのZuumLux(ズームラックス)がある。

 

市場に登場する新しいアプリに対抗するため、Grabはハノイで「Advance Booking」サービスを導入した。

 

利用者は最大7日前に乗車を予約できるという。

 

「Advance Booking」については、今月にハノイで試験的に運用し、今後その他の省や都市でもサービスを提供する予定だ。

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事

[© poste-vn.com 2012-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories