ベトナム:2020年のGDP、新型コロナの影響で6%割れも

2020年02月14日 00時00分 公開
ベトナム:2020年のGDP、新型コロナの影響で6%割れも

 

新型コロナウイルスの深刻な感染拡大により、今年のベトナムGDP成長率は6%を割り、5.96%に下がる可能性が高いと予測されている。

 

計画投資省は新型コロナウイルスの流行が第2四半期まで続いた場合、GDP成長率は2013年以来最低の数字となる予測だと発表した。

 

また、新型コロナウイルスの流行が第1四半期までであっても、昨年の7.02%から低下し、6.25%になると予想されている。

 

いずれの場合であっても、当初の目標であった成長率6.8%を達成することは難しいとみられている。

 

いずれの場合であっても、当初の目標であった成長率6.8%を達成することは難しいとみられている。

 

同省はインフラ事業も目標の4%に対し、3.96%から4.86%に達すると予測している。

 

計画省の最新の予測は、先週推定した6.09%よりも低い。しかし、新型コロナ流行の中で経済を後押しする政府の介入により、予測は変わる可能性が高いとも述べている。

 

今年のベトナム主要産業は新型コロナウイルスの流行で大打撃を受けるだろう。
 

ベトナム観光諮問委員会は70億ドルから150億ドルの収入損失を見積もっている。

 

ベトナムの民間航空会社によると、地元航空会社は、400便以上のベトナム-中国間のフライトがキャンセルされたことにより、10兆ドン(約480億円)の損失を報告している。

 

2017年から2019年までの間で、ベトナムの年間GDP成長率は6.8%を超え、ASEANで最も急速に成長している経済圏の1つであった。
 

出典:https://e.vnexpress.net

 

関連記事

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板