ロシア製ワクチン1000回分が到着、パトルシェフ書記来越で寄贈

2021年03月18日(木)16時18分 公開
ロシア製ワクチン1000回分が到着、パトルシェフ書記来越で寄贈

<写真:VN Express>

 

保健省によると、16日、ロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」1000回分がハノイ・ノイバイ国際空港に到着した。

 

このワクチンはニコライ・パトルシェフ ロシア連邦安全保障会議書記の訪越に合わせて寄贈されたもので、国内で初のロシア製ワクチンとなる。

パトルシェフ書記はベトナムに16日〜17日まで滞在するという。


受け取ったワクチンは、ベトナム国立衛生疫学研究所で保管される。

また、ロシア製ワクチンの接種開始日については政府が決定するという。

 

2月、ベトナムはアストラゼネカ製のワクチンを受け取っており、3月8日から接種を開始していた。

ワクチンの接種は感染リスクが高いとされる11のグループを対象に行われ、これまでに1万6000人近くが接種をしている。
 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板