カンボジアからベトナムに不法入国、アンザン省で61人

2021年03月23日(火)13時15分 公開
カンボジアからベトナムに不法入国、アンザン省で61人

<写真:Saigon Giai Phong>

21日、ベトナム南部・アンザン省の国境警備局は、カンボジアから不法入国したベトナム人61人を拘束したと発表した。地元メディアが22日に伝えた。

61人は不法入国した理由について、カンボジアでの新型コロナウイルスの感染拡大から逃れるためだったとしている。

 

アンザン省のティンビエン(Tinh Bien)の国境警備局は、8人の子供を含む61人の不法入国者を発見し、規定に従い新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、隔離措置を講じているという。

警察によると、不法入国した61人は全員、アンザン省のアンフー地区に住む少数民族のチャム族だという。

61人は、1年間の労働のためにカンボジアへと渡っていた。


現在、カンボジアでは2月20日に発生した市中感染から感染が拡大しており、約1か月経っても減少する気配がなく、23日時点では市中感染者が1266人、国内では計1788人の感染が確認されている。

また、この市中感染は、カンボジアに入国した中国人4人が警備員に賄賂を渡し、隔離中のホテルから脱走したことだとされているため、国内では隔離や予防措置の違反者に厳しい罰則が設けられている。
 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板