日本からのワクチン援助、16日に100万回分到着へ

2021年06月15日(火)09時29分 公開
日本からのワクチン援助、16日に100万回分到着へ

日本からベトナムに無償提供される新型コロナウイルスワクチンが16日(火)にベトナムに到着する。

 

茂木敏充外務大臣が15日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン100万回分をベトナムに16日に無償提供することを発表した。

ワクチン100万回分を載せた航空機が16日に日本を出発し、同日中にベトナムに到着する予定。

 

このほか、日本政府は7月以降に、インドネシアとタイ、フィリピン、マレーシアへの無償提供も調整する方針だという。

日本にとって台湾へのワクチンの無償提供に続く、ワクチン現物による国際協力第2弾となる。

 

日本からの援助のほか、ベトナムは年内にも複数の製造元から合計1億2000万回分のワクチンを受け取ることを明らかにしている。

保健省は今年末までに人口の70%にあたるワクチン1億5000万回分の確保を目指していると発表しており、ワクチンの供給源を探すだけでなく、国内での生産も目指すとしている。

しかし、ベトナム国内におけるワクチン接種は遅れており、6月13日までに必要回数のワクチン接種が完了した人はわずか5万5000人程度。

人口ベースで言えば、0.1%以下だ。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板