ナノコバックス3期臨床試験、924人が接種:9月末にも試験完了へ

2021年06月19日(土)09時58分 公開
ナノコバックス3期臨床試験、924人が接種:9月末にも試験完了へ

<写真:第3期臨床試験の様子 / VN EXPRESS>

 

国産ワクチン「ナノコバックス(Nanocovax)」の第3期臨床試験が開始され、被験者924人に接種が行われたという。

 

臨床試験を管轄する国防省傘下の軍医学院によると、そのうち少なくとも1人から6月12日に重いアレルギー反応のアナフィラキシーが確認されたという。

アナフィラキシーが確認された被験者はすでに回復しているという。

 

現時点で「ナノコバックス」はベトナム国産ワクチンとしては最有力のワクチンだ。

同ワクチンは、第2期臨床試験で、ワクチンの接種を受けた全ての被験者が抗体を獲得し、安全性が確認された。

特に25mcgのワクチンが最も良い結果で、イギリス型変異株に対しても有効であることが確認されたという。

 

第3期臨床試験は、18歳以上の被験者計1万3000人を対象に行われる。

被験者を2つのグループに分け、第2期臨床試験で最も有効と確認された25mcgのワクチンと偽薬の接種をそれぞれ行う。

 

第3期臨床試験は9月末にも完了する見込みで、緊急使用が承認されれば、ナノゲン社は同ワクチンを量産する方針。

2021年中に5000万回分を製造し、2022年には1億回分を製造することが可能で、ベトナム国内の需要を満たすことができると期待されている。

 

ベトナムではワクチン接種が遅れており、これまでの接種回数は199万回。

必要回数の接種を受けた人はわずか8.9万人程度だ。

国内第4波の感染拡大に歯止めがかかっていないことを受け、保健省はナノコバックスの緊急使用の許可についてすでに検討を開始しているという。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板