ベトナム:モデルナ製ワクチンの緊急使用を承認

2021年06月29日(火)10時57分 公開
ベトナム:モデルナ製ワクチンの緊急使用を承認

<写真:VN Express>

 

ベトナム保健省は、米モデルナ製ワクチンの緊急使用を承認したことを発表した。

「Spikevax」と呼ばれるこのワクチンは、29日に同省のTruong Quoc Cuong副大臣が承認の署名を行ったという。

 

これまでにベトナムでは、米ファイザー、中シノファーム、露スプートニクV、英アストラゼネカ製ワクチンが承認されていた。

モデルナ製ワクチン(mRNA-1273)はファイザー社などのワクチンと同じく「メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン」と言われるタイプで、予防効果は9割を超える。

このワクチンは、アメリカやイギリス、日本、ヨーロッパ諸国、カナダ、シンガポール、イスラエルなど、世界53の国と地域で使用されている。

 

保健省によると、今後ベトナムへ提供されるモデルナ製ワクチンは、輸入時の生産能力に基づいて、スペインやフランスで製造されたものだという。

分配については、Zuellig Pharma社が担当となる。

 

ベトナムでは今年、人口の70%にワクチン接種ができるよう、1500万回分のワクチン確保を目指している。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板