ホーチミン、1週間雨が続く可能性 ハノイなどでも気温下がる

2021年07月06日(火)16時21分 公開
ホーチミン、1週間雨が続く可能性 ハノイなどでも気温下がる

<写真:Zing>

 

ベトナム国立水文気象予報センターによると、7月9日にかけて、南部地域と中部高原では雨と雷が発生し、気温が下がる可能性があるという。最高気温は31〜33度になる予報。

予想天気図によると、ホーチミン市では1週間程度に雨や雷雨が続くことが予報されている。

 

引き続き暑さが続く可能性があるが、雨が夕方から夜にかけて降ることが予想されており、夜の気温は低下するという。

気温は25度〜33度になる予報で、日中と夜の気温差が大きくなるという。

南部水文気象局によると、南西風の影響で、ホーチミン市を含む南部地域では今後数日間、雷雨が発生する可能性があるという。

 

連日猛烈な暑さに見舞われていた北部地域でも、7月8日頃まで降雨が予想されている。

降雨量は1日最大100~200mmで、一部地域では降雨量が250mmにものぼる可能性がある。

ホアビン省、ソンラ省、トゥエンクアン省、ハザン省などでは雹(ひょう)や雷雨、強風、とそれに伴う土砂崩れなどへの注意が必要だ。

 

7月6日から数日間、ハノイ市では最高気温が32〜34度まで低下し、夕方の最低気温は27度まで下がることが予報されている。

中部地域では7月6日まで暑さが続き、7日夜には雷雨が発生する可能性があるという。

その後も、小雨や霧などが予報されており、暑さは少し和らぐという。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板