ベトナム、18歳以上の新型コロナワクチン接種受付開始、外国人も

2021年07月15日(木)16時25分 公開
ベトナム、18歳以上の新型コロナワクチン接種受付開始、外国人も

<写真:Viet Nam News>

 

ベトナム保健省はオンラインで新型コロナウイルスのワクチン接種の申し込みの受付を開始した。

対象となるのは18歳以上の人全員で、外国人も含まれるという。

保健省情報技術局のNguyễn Trường Nam氏が明らかにした。

 

保健省は18歳以上であれば誰でもワクチン接種を受けることができるとしており、申し込み方法はウェブサイトとアプリで受け付けている。

しかし、早く登録をした人が優先的にワクチン接種を受けられるわけではないとした。

 

ワクチン接種を希望する人は、自分がどの優先グループに属するかを示すための情報を提出する必要がある。

その情報を基に、当局が各グループごとにワクチン接種の予定を決めるという。

 

ワクチン接種の申し込みはウェブサイト(https://tiemchungcovid19.gov.vn/portal/register-person)またはアプリ(https://hssk.kcb.vn/#/sskdt)からすることができる。

アプリから申し込みをする場合は、電話番号で登録をする必要があり、登録後にワクチン接種の申し込みに関する連絡を受け取ることができる。

 

提出されたデータはワクチン接種の関連当局へと送られ、情報を基に接種希望者を選別し、優先者のリストが作成される。

ワクチン接種の登録が完了すると、ワクチンが用意できた段階で通知を受け取ることができ、ワクチン接種の日程が知らされる。

ウェブサイトとアプリは、今後数週間で英語版も利用できるようになるという。

 

ワクチン接種を希望する人にはアプリ上で白黒のQRコードが割り当てられ、1回目のワクチン接種が終了すると、そのQRコードが黄色に変わり、2回目が終了すると緑色に変わるという。

QRコードは紙のワクチン接種証明書の代わりにもなるという。

既にワクチン接種を受けた人のデータについては、現在、システム上で更新が行われているが、これまでに接種を受けた人がオンラインで証明書を受け取るまでには時間がかかる場合があるという。

 

オンラインのワクチン接種データベースには、これまでに接種をしたワクチンの数、ワクチンの種類が含まれる。

アプリ上のQRコードは、ベトナム国内や検問所を通過する際、ワクチン接種をした証明にも使用することができるという。

また、今後、QRコードはワクチンパスポートを作成する際の基準としても用いられるという。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板