バックホアサインが不当な値上げ、2店舗に罰金

2021年07月20日(火)17時44分 公開
バックホアサインが不当な値上げ、2店舗に罰金

<写真:VN Express>

 

ミニスーパーチェーン「バックホアサイン(Bach Hoa Xanh)」2店舗に対し、表示価格より高値で販売したり、値札を付けずに商品を販売したとして、罰金が科された。

 

地元の市場当局によると、ベトナム南部・ソクチャン省のバックホアサインではお粥が表示価格より7〜38%高値で販売されていたという。

これについて同店のスタッフは、値札を変え忘れたと話している。

また、中部高原地域のバンメトートにあるバックホアサインでも、一部の商品が表示価格より高値で販売されたり、値札を付けずに販売されていたという。

 

バックホアサインについては、特にホーチミン市で新型コロナウイルスの流行から、価格が高騰しているとしてSNS上で同店のボイコットが呼びかけられていた。

このことから、当局は複数の店舗で取締りを行なっていたという。

 

親会社のモバイルワールド(Mobile World)は株主に対する声明で、新型コロウイルスの検査や人材不足から物流コストが上昇しており、サプライヤーが一部商品の値上げをしているため販売価格が上昇していると述べている。
 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板