ホーチミン、モデルナ製ワクチン500万回分購入を交渉

2021年08月12日(木)16時12分 公開
ホーチミン、モデルナ製ワクチン500万回分購入を交渉

<写真:VN Express>

 

ホーチミン市はワクチンの正規販売を行う業者を通じてモデルナ製ワクチン500万回分を購入するため、交渉を行なっているという。

10月にも同ワクチン200万回分の受け取りを目指す。

 

11日、 ホーチミン市人民委員会のDuong Anh Duc副委員長は、ワクチン輸入・保管のライセンスを持つZuellig Pharma Vietnam社がモデルナ製ワクチンの購入の交渉を行なっていることを明かした。

同日朝、ホーチミン市は、モデルナ製ワクチンの購入について、同市人民委員会傘下のサイゴン医薬品(Sapharco)とイギリス系ファンド運用会社「ビナキャピタル・ベンチャーズ(VinaCapital Ventures)」を割り当てたと発表した。

 

「Sapharco」は、モデルナ社の代表者がワクチン購入をするための交渉と契約を進めるのを待っていると話した。

「Sapharco」と「VinaCapital Ventures」はモデルナ社に対して、同ワクチン200万回分を遅くとも10月中に受け取れるよう要請したという。

また、来年の第2四半期までに追加で最低1000万回分を受け取ることができるよう交渉しているという。

 

さらに、ホーチミン市は必要に応じてより多くのモデルナ製ワクチンの確保に向けて、同ワクチンの接種を行う地域にワクチンに対する評価をするよう要請していた。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板