ホーチミン市でワクチン不足に、シノファーム製接種

2021年08月12日(木)19時29分 公開
ホーチミン市でワクチン不足に、シノファーム製接種

<写真:Vietnam Net>

 

ベトナム保健省のTran Van Thuan副大臣は、ホーチミン市は12日にも配分された新型コロナウイルスのワクチンの接種が完了するため、接種するワクチンをシノファーム製ワクチンに切り替えると述べた。

 

11日午後の時点でベトナム国内では確保したワクチン1800万回分のうち1100万回分以上の接種を終えている。

そのうち、ホーチミン市には400万回分以上が配分され、うち88.2%に相当する360万回分がすでに接種されている。

そのため12日(木)にもワクチンが足りなくなるため、シノファーム製ワクチンを使用する方針だという。

 

ホーチミン市は今月はじめからワクチン不足が起きており、同市はモデルナ製ワクチン500万回分の確保を目指し交渉を進めているという。

一方、保健省のThuan副大臣はベトナムには今後さらにワクチンが到着し、1日に200万回接種も可能だと見通しを示している。
 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板