ベトナムECサイトTiki、台湾通信会社から2000万ドル調達

2021年08月17日(火)15時41分 公開
ベトナムECサイトTiki、台湾通信会社から2000万ドル調達

<写真:VN Express>

 

ベトナム地場ECサイトのティキ(Tiki)は、ティキグローバル(Tiki Global)の株式2.7%と引き換えに、台湾の通信業者「台湾大哥大(Taiwan Mobile)」から2000万ドル(22億円)を調達した。

 

シンガポールを拠点とするペイウォール金融ニュースWebサイトの「ディールストリートアジア(Deal Street Asia)」によると、シリーズEの資金調達におけるティキの企業価値評価額は7億4000万ドル(約809億円)だという。

シリーズEの前には、海外の投資家がティキの株式49.4%を保有しており、そのうち最大の株主は中国のインターネット業界大手「JD.com」で18.2%を保有していた。

ティキは6月にも社債発行により1兆ドン(約48億円)を調達していた。

 

グーグル(Google)やテマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)、ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)などが発表した東南アジアのデジタル経済に関する報告書では、ベトナムのEコマースは東南アジアで最も発展しているデジタル経済で、2025年までに市場規模は230億ドル(約2兆1423億円)になることが予想されているという。
 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板