9月中にコロナ抑制できればベトナムのGDP成長率3.5〜4%に 

2021年09月16日(木)15時00分 公開
9月中にコロナ抑制できればベトナムのGDP成長率3.5〜4%に 

<写真:Vietnam +>

 

ベトナム計画投資省は、国内での新型コロナウイルス感染状況を9月中に制御できれば、今年のGDP成長率は3.5〜4%に達するとの見解を示した。

同省のグエン・チー・ズン大臣は、予測された数値は設定された目標よりも低いものの、達成するためには、政治的な努力と地方都市の多大な努力が必要になるとした。

 

昨年、ベトナムのGDP成長率は、新型コロナウイルスの影響により2.92%しか拡大せず、このシナリオが実現した場合には、今回で成長目標を達成できなかった2年目の年となり、2021年〜2025年の期間での全体的な開発計画実施に影響を及ぼすとされている。

 

同大臣は、社会隔離措置は雇用だけでなく、生産や事業にも大きな影響を与えているとしており、新型コロナウイルスの予防に使用される費用も多く、国家予算の収集と支出にも影響を及ぼしていると述べた。

また、新会社の設立や外国直接投資の誘致にも影響を及ぼしていると続けた。

 

同大臣は、感染対策と経済再建の両立を目指して次の対策を重視することが必要だとし、感染拡大・再発防止策の堅持、政府決議第105号/NQ-CPに沿った新型コロナの影響を受けた企業・協同組合・個人事業主への支援、政府決議第68号/NQ-CPに沿った新型コロナウイルスの影響を受けた労働者と雇用主への支援、企業にとって有利な投資環境の創出、地方の経済回復計画の策定などの対策を重視する必要があるとしている。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板