ベトナム、来年の旧正月は9日間か

2021年10月13日(水)16時23分 公開
ベトナム、来年の旧正月は9日間か

<写真:tuoi tre>

 

労働傷病兵社会省は、2022年のテト(旧正月)を2022年1月29日からの9日間にすることを提案した。

2022年の旧正月は2022年2月1日。

 

テトと呼ばれる旧正月は、家族と再会する機会であるためベトナムで最大の祝日となっている。

労働法ではテトの休暇は5連休と定められており、同省は1月29日、30日の週末と、大晦日の31日(月)〜2月4日(金)の5連休に加え、その後の土日までの9連休とする方針。

 

同省の提案によると、この旧正月に応じて行政、政治および社会政治組織で働く役人、公務員、従業員などは9日間の休暇が与えられる。

政府関係者や公務員でない労働者については、雇用主がスケジュールを調整し、祝日中に勤務する必要がある場合には代休を取ることができるという。

また、雇用主は、休暇が始まる少なくとも30日前には、旧正月の休暇スケジュールについて従業員に通知する必要があるとしている。

 

同省は、2021年2月に首相が承認したテト休暇よりも2日長い休暇計画について政府から承認を求める前に、16の関連機関から意見を仰いでいるという。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板