新型コロナのワクチン接種後に生徒86人が入院 タインホア省

2021年12月02日(木)13時44分 公開
新型コロナのワクチン接種後に生徒86人が入院 タインホア省

<写真:VN Express>

 

1日、ベトナム北部のタインホア省で、ファイザー製ワクチンの接種を受けた後、生徒86人が入院した。

現在、全員の容態は安定しており、1日午後9時時点では入院していた86人のうち19人が退院しているという。

 

タインホア省COVID-19予防指導委員会によると、同省ホアンホア郡の15歳〜17歳の生徒らは、ワクチン接種後に吐き気、頭痛、めまい、寒気などの症状が見られたという。

同委員会によると、これらの症状が見られた原因は明らかになっていない。

 

同省保健局によると、ホアンホア郡では12月1日・2日で15歳〜17歳の生徒約7000人に対して1回目のワクチン接種が行われていた。

使用されたワクチンはファイザー製で、接種会場は学校または医療施設だった。

 

ベトナムでは、過去数週間でファイザー製ワクチンを接種した後に、重度の過敏症により生徒3人の死亡が確認されている。

また、先週にはタインホア省の「Kim Viet Shoe Company」で中国シノファーム製の「ベロセル(Vero Cell)」を接種した職員4人が死亡していた。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板