ミン副首相:1月から国際線再開の試験運用実施を要請

2021年12月23日(木)10時49分 公開
ミン副首相:1月から国際線再開の試験運用実施を要請

<写真:Nhan Dan>

 

ファム・ビン・ミン副首相は、公安省、交通運輸省、保健省、外務省、情報通信省に対し、2022年1月1日から国際線商用便を試験的に再開する計画を実施するため、割り当てられた業務を行うよう要請したという。

以前、ミン副首相は、新型コロナウイルスへの安全で柔軟かつ効果的に適応するための規則に沿って、航空会社が直面する困難の緩和、経済回復の加速化、海外に居住するベトナム人が旧正月に帰省するため、国際線の再開が必要であると述べた。

 

ミン副首相は1月1日から中国(北京または広西)、日本(東京)、韓国(ソウル)、台湾(台北)、タイ(バンコク)、シンガポール、ラオス(ビエンチャン)、カンボジア(プノンペン)、米国(サンフランシスコまたはロサンゼルス)へのフライトを再開の計画に賛成している。

 

この国際線再開の準備として、保健省は、国際線商用便で入国する人々のための医療ガイドラインを発行し、専門家、企業、および一般市民と協議する責任があるという。

外務省については保健省と協力し、他の国・地域とワクチンパスポートの相互承認について交渉を行っている。

 

一方、保健、公安、情報通信の各省は、空路で入国する乗客の申告および医療監視、追跡を容易にするためのソフトウェアを作成するよう要請されているという。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板