ハノイ市、オミクロン株が確認された国からの渡航者に隔離義務付け

2021年12月28日(火)10時14分 公開
ハノイ市、オミクロン株が確認された国からの渡航者に隔離義務付け

<写真:VN Express>

 

ハノイ市人民委員会は27日、ワクチン接種や新型コロナウイルスからの回復などに関わらず、オミクロン株の感染が確認された国・地域からの渡航者に対して隔離を義務付けた。

また、同委員会はノイバイ国際空港での検疫を強化することを要請したという。

 

連日、国内で最多の新規感染者数を確認いるハノイ市では、検査によって変異株を検出するため、遺伝子配列決定を実施するように研究所に指示しているという。

 

過去28日以内にオミクロン株が確認された国・地域に滞在してベトナムへ入国した者、新型コロナウイルス感染から回復した後に再感染した者、感染が流行している地域から入域した者に対しては、ランダムで検査が行われるとしている。

オミクロン株の感染が確認された場合には、接触者追跡が行われるという。

 

現在、オミクロン株はベトナム国内では確認されていないものの、今月ホーチミン市は同変異株が確認された国・地域からの渡航者に対して集中隔離を講じることを発表していた。
 

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板