ホーチミン女児虐待事件、母親の刑事責任認める

2021年12月29日(水)15時06分 公開
ホーチミン女児虐待事件、母親の刑事責任認める

ホーチミン市で8歳の子供を虐待し、死亡させたとして逮捕されていたその母親の刑事責任が認められた。

 

Nguyen Vo Quynh Trang容疑者(26)は、自身の娘(8)を虐待し、殺害した罪に問われている。

ホーチミン市ビンタイン(Binh Thanh)区の警察が容疑者を2ヶ月前に逮捕しており、虐待の容疑で捜査を進めると同時に容疑者が刑事責任が問えるかどうかを調べていた。

 

同容疑者は、婚約相手と娘の3人でビンタイン区のアパートに居住しており、娘を叩く、殴るといった虐待を頻繁に行なっていたとされている。

12月22日、容疑者は娘を殴り、娘は意識不明の重体となった。

娘は病院へと緊急搬送されたが、病院に到着した際には死亡が確認された。

 

警察によると、女児の身体からは、複数の傷やあざが確認されており、以前から繰り返し虐待が行われていた可能性が高いという。

事件性が高いと判断した警察はTrang容疑者とその婚約者などの捜査を行なっていた。

 

捜査の結果、Trang容疑者が居住していたアパートからは壊れたほうきなど虐待の証拠となる物が発見されたという。

さらに、近隣住民からも、女児が泣き叫ぶ声を頻繁に聞いたとの証言が寄せられた。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板