大型連休を目前に国内線の予約が満席間近に ベトナム

2022年01月19日(水)14時23分 公開
大型連休を目前に国内線の予約が満席間近に ベトナム

<写真:VnExpress>

 

ベトナムの最大の祝日であるテト休暇を目前として、観光地へのフライトがほぼ満席となっている。

 

17日、ベトナム航空は、ホーチミン市発フエ・ダナン・クイニョン・ホイアン行きの便は予約が70%埋まっていると発表した。1月17日から23日に掛けては、多くの便が満席だという。

 

旧正月は2月1日に当たり、今年は9日間の連休となる。ベトナムではテト期間中に何百万人もが故郷に帰省したり、長期旅行をするという。

 

ハノイ・ホーチミン市からカムラン・フーコック島・コンダオ諸島などのリゾート行きの便は、2月2日〜4日の間、ほぼ満席状態だという。

 

ベトナム航空によると、ホーチミン市発トゥイホア・ダラット行き、ハノイ発ドンホイ・トゥイホア・カントー行きの便にはまだ空席があるとしている。ベトジェットエアとバンブーエアウェイズは、ハノイ・ホーチミン発ダナン・フーコック・カムラン行きなどの観光地への便を増便し、需要に応えるという。

 

ベトナム民間航空局(CAAV)によると、各航空会社は1月16日〜2月15日まで約270万席を提供する計画だという。ベトナムの2大空港であるホーチミン市のタンソンニャット国際空港とハノイ市のノイバイ国際空港では、ピーク時には通常時よりも20%多い1日1100便、600便の運航が予想されるという。

 

現在、ホーチミン市・ハノイ間の片道航空券は127万〜269万ドン(約6350円~約1万3450円)となっている。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板