ベトナム:テト休暇中の喧嘩騒ぎで2800人以上が入院

2022年02月07日(月)12時14分 公開
ベトナム:テト休暇中の喧嘩騒ぎで2800人以上が入院

〈写真:Tuoi Tre〉

 

保健当局は、1月31日〜2月5日の間にベトナム全土で2800人以上が喧嘩により緊急入院したと報告した。保健省傘下の診療管理局によると、そのうち195人が死亡したという。

 

5日、同局は1月31日〜2月5日までに全国の保健所から収集した情報に基づき、速報として発表した。この期間は、1月29日〜2月6日までの9日間のテト休暇に含まれる。

 

報告書によると、1月31日〜2月5日までに身体的な喧嘩で入院した人は2838人で、同期間に入院した人数の2%を占めている。このうち、39%に当たる1245人が応急手当後も、病院で治療を続ける必要があったという。

 

同報告書では、今年の入院者数は、昨年のテト同時期よりも低い数字だとされている。テトはベトナム人が集まってお祝いをする伝統的な行事で、飲み会などもあり、毎年のように身体的な喧嘩が発生している。

 

また、同6日間の食中毒の発生件数は486件(前年同期比11.3%減)で、農薬中毒による死者は47人であった。
 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板