崖から転落した女性、7日間生き延び無事発見される

2022年05月05日(木)14時11分 公開
崖から転落した女性、7日間生き延び無事発見される

〈写真:VnExpress〉

 

北部のクアンニン省で女性が崖から転落し、3日に救出されるまでの7日間、シダ植物と飲み残しの水筒で生き延びた。

 

Nguyen Thi Bich Lienさん(59)は、4月27日にハノイ市からクアンニン省のハロン市へ移動し、イエントゥ山のドン寺へ訪れる予定であった。

 

途中で低血圧になった彼女は、パゴダ(仏塔)の手すりの付近で休憩し、立ち上がろうとした際に、目眩を起こして30メートルの崖下に転落してしまった。

 

携帯電話は落下中に紛失しており、助けを求めようと叫んだが、誰にも声は届かなかった。レインコートを着ていたことと、木の枝が落下の衝撃を防いだことから、Lienさんは幸いにも怪我をすることはなかった。

 

しかし、Lienさんが持参していた食料は僅かしかなく、観光客が捨てたゴミやペットボトルの中に残っている水を探しながら、周囲に生えていたシダを食べて飢えをしのいだ。

 

3日、上から人の話し声が聞こえたLienさんは助けを求め叫んだ。その後、彼女はようやく発見され救出された。

 

イエントゥ国立公園管理委員会責任者のLe Tien Dung氏によると、Lienさんは何日も十分な食べ物や水を摂取しておらず疲労困憊の状態であった。

 

現在は山から搬送され、健康状態は安定している。管理委員会は、Lienさんをハノイ市に送るための車を手配した。

 

Lienさんの家族はこの7日間ずっと彼女を探していたという。

 

ドン寺はイエントゥ山の頂上(海抜約1068 メートル) にあり、Lienさんの落下地点はしばしば霧に覆われている。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板