ベトナム、「独自のコーヒー文化を持つ10カ国」へリストアップ

2022年05月11日(水)15時47分 公開
ベトナム、「独自のコーヒー文化を持つ10カ国」へリストアップ

〈写真:VnExpress〉

 

カナダの旅行雑誌「The Travel」は、練乳入りアイスコーヒーやエッグコーヒーなどが好まれるベトナムを、独自のコーヒー文化を持つ10カ国の中へリストアップした。

 

同誌によると、ベトナムでは、コーヒーは一日の始まりの飲み物としてだけでなく、朝昼晩と楽しむものである。

 

ベトナム産の深煎りコーヒーに練乳を入れ、氷を溶かしながら飲む「ca phe sua da」は、1杯1万〜1万5000ドン(約56〜84円)の価格で、路上の屋台で頻繁に売られている。

 

もう1つの独自のコーヒー文化は、ハノイ市名物のエッグコーヒーである。

 

エッグコーヒーは、カップの底に練乳を注ぎ込んだ濃いブラックコーヒーの上に、泡立てた卵の黄身を乗せて飲む。

 

1940年代、同市で牛乳が不足し、バーテンダーが代用品として考案したのが始まりとされており、今ではベトナムで最も有名な飲み物のひとつになっている。

 

独自のコーヒー文化を持つ10ヵ国には、オーストラリア、コスタリカ、フランス、ギリシャ、インドネシア、イタリア、メキシコ、スウェーデン、トルコがリストアップされている。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板