ベトナムのロビン・フッドか、刑務官が金屋襲撃後に路上でばら撒き

2022年08月02日(火)13時07分 公開
ベトナムのロビン・フッドか、刑務官が金屋襲撃後に路上でばら撒き

〈写真:VnExpress〉

 

警察官の制服を着た男が貴金属店2店舗を襲撃後に強奪した金を路上にばら撒く事件が発生し、逮捕されたゴー・バン・クオック容疑者(38)は刑務官を務める現職の警察官であることが明らかになった。

 

7月31日午後12時半頃、自動小銃AK‐47で武装したクオック容疑者は、トゥアティエン・フエ省ドンバー(Dong Ba)市場の貴金属店「タイロイ(Thai Loi)」と「ホアンドゥック(Hoang Duc)」に押し入った。

 

金製品が陳列されていたガラスのショーケースに向けて何度も発砲した後、小銃の台尻でガラスを叩き割り、壊れたショーケースの中から金製品を強奪した。

 

人々が逃げ惑う中、同容疑者は市場入口の通りまで走って行き、「貧しい人に金を!」と叫びながら金を路上にばら撒いた。

 

同容疑者が市場を離れると、多くの人がばら撒かれた金を回収しようと現場に押し寄せたため、現場周辺は騒然とした雰囲気となった。

 

警察の捜査情報によると、クオック容疑者は10分間この行為を繰り返した後、市場前のチャンフンダオ(Tran Hung Dao)通りを歩いてチンコンソン(Trinh Cong Son)公園にたどり着き、そこで家族に電話をかけたという。

 

同省警察は多くの警察官を動員して同容疑者の捜索を行うとともに周辺道路を封鎖し、消防隊員や装甲車で武装した機動警察官も現場に駆けつけた。

 

午後2時頃、チンコンソン公園で自殺しようとしていたクオック容疑者が発見され、同省警察のダン・ゴック・ソン副所長が必死の説得を試みた後、同容疑者は銃を捨てて投降した。

 

同省警察のユン・バン・トアン大佐によると、同容疑者はビンディエン(Binh Dien)刑務所で刑務官を務める現職の警察官であり、逮捕時の言動は支離滅裂で精神錯乱の兆候があったという。

 

また、同省警察はばら撒かれた金を持ち去った者に対して返却するように呼びかけており、市場やチャンフンダオ通りの監視カメラの映像から、金を拾った人物の特定を進めている。

 

拾った金品を返却しない場合には刑事法第176条(財産の無断所持)に基づき、罰金または禁固刑が科される可能性がある。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板