3カ国のビザを拒否を受け、新パスポートへの出生地追加を検討

2022年08月05日(金)09時36分 公開
3カ国のビザを拒否を受け、新パスポートへの出生地追加を検討

<写真:VnExpress>

 

公安省は新パスポートに出生地を組み込むことが可能かどうかの検討を進めている。

 

公安省のトー・アン・ソー報道官は3日の記者会見で、日本、韓国、スイスなど他の国のパスポートも出生地が記載されていないとして、「ベトナムの新パスポートは国の法律だけでなく、国際民間航空機関によって設定された基準にも準拠している」と述べた。

 

同氏によると、ほとんどの国がベトナムの新しいパスポートを受け入れているが、ドイツ、スペイン、チェコ共和国は自国の技術的な問題から受け入れていないという。

 

同省と外務省はこれらの技術的な問題を解決するために3カ国と協力しており、解決までの間は現地の移民局または海外のベトナム代表事務所で出生地を手動で追加する形になる可能性が高い。

 

ベトナムでは新しいパスポートの発行が7月1日から開始されている。

 

ドイツとスペインは本籍地が省略されていることを理由に新パスポートの所持者にビザを発行しないとしており、チェコ共和国は新パスポートを認めないとしている。

 

公安省管轄の入国管理局は2日、新パスポートに「問題はない」として発行を継続すると発表していた。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板