韓国人観光客、パンデミック後のベトナム観光に弾みを付ける

2022年08月05日(金)13時19分 公開
韓国人観光客、パンデミック後のベトナム観光に弾みを付ける

<写真:VnExpress>

 

ベトナムが国際観光を再開して以来、ベトナムへの観光客数は韓国からが最も多い状態となっている。

 

今年最初の7か月での韓国人観光客数は全体の20%を占める19万6000人であり、GoogleのDestination Insightsのデータによると、韓国はベトナム観光に関する検索数が最も多い10カ国のうちの1つであった。

 

7月だけで前月比1.7倍、5月比3倍である約9万人の韓国人観光客がベトナムを訪れた。

 

パンデミック以前はロシアや中国の観光客に大きく依存していたニャチャンやダナンなどの人気観光地は、今では韓国人頼みの状態となっている。

 

中国は引き続き入国規制の強化を行っており、ロシアはロシア・ウクライナ戦争の影響でフライトが休航している。

 

豪華クルーズツアーを専門とするラックスグループのファム・ハー会長によると、ニャチャンではロシア人観光客に代わって韓国人観光客が増加しており、顧客の60%以上が韓国人である。

 

地理的に近く直行便が頻繁に就航していることから、多くの韓国人観光客がベトナムを旅行先として選択する。

 

多くの韓国人観光客がゴルフやクルーズといったハイエンドな観光商品体験を目的にベトナムを訪れており、10月〜2月の観光シーズンのピーク時には長い砂浜とゴルフ場があるダナンが依然として一番人気だという。

 

しかし、各旅行会社は韓国政府が感染者数の増加に伴って新型コロナウイルス入国検査要件を厳格化したため、8月にベトナムを訪れる韓国人観光客数が減少する可能性があると懸念している。

 

現在の韓国では、海外からの帰国者は出発前48時間以内のPCR検査か24時間以内に受けた抗原検査が陰性であることに加えて、入国後1日以内にPCR検査を受けなければならない。

 

観光諮問委員会によると、ベトナムの主要なインバウンド観光市場である中国と日本がまだ規制を継続しているため、ベトナムは観光業界回復の機会を求めて韓国人観光客の誘致に優遇政策を適用する必要がある。

 

ベトナムはパンデミック以前には全体の24%である430万人近くの韓国人観光客を受け入れていた。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板