チン首相、中央銀行へ利上げ検討を要請

2022年09月23日(金)09時02分 公開
チン首相、中央銀行へ利上げ検討を要請

<写真:VN Express>

 

ファム・ミン・チン首相は米連邦準備制度理事会(FRB)の最新の利上げを受け、ベトナム中央銀行に対して政策金利の引き上げを検討するよう要請した。

 

ベトナム国家銀行(SBV)は金利引き上げによるマクロ経済の安定確保とインフレ抑制による成長後押し、貸付金利の安定に努める必要がある。

 

チン首相はまた、パンデミック後の回復を支援するために商業銀行が1部のビジネスセクターの金利を引き下げることを望んでいる。

 

FRBは21日に3回連続で0.75%ポイント金利を引き上げ、当局がインフレを抑えることを宣言した。

 

SBVのグエン・ティ・ホン総裁によると、ベトナムドンは米ドルが多くの主要通貨よりも急騰する中で最も減価しなかった通貨の1つであった。

 

ベトナムが現在直面する最大の課題の1つはインフレの制御である。

 

チン首相は金融・財政政策が他の政策と調和し、国民や企業の事業拡大や雇用創出を支援することを要望しており、財務省は更なる減税の検討、支出削減を行う必要があるという。

 

また、通貨や信用、公的債務、食糧、エネルギーの安全保障を確保することが重要である。

 

チュン・バン・フック前国会金融監督委員会委員長代理は最近のフォーラムで「ベトナムドンを下落させてはならない。安定した通貨はインフレに対する最終防衛層である」と述べている。

 

SBVは今年の信用の伸びを14%に抑えるという目標を維持しており、多くの銀行がここ数カ月で預金金利を引き上げ、与信枠に達したことで動員を増やしている。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板