ホーチミン市、グエンフエ通りのロータリー再建を検討

2022年11月21日(月)11時30分 公開
ホーチミン市、グエンフエ通りのロータリー再建を検討

<写真:VnExpress>

 

ホーチミン市はメトロ地下駅の建設完了を受け、1区のグエンフエ通りとレロイ通りの交差点にあったロータリーを復活させることを検討している。

 

17日にホーチミン市建築計画局が同市行政に送った提案によると、ロータリー再建費用は5億ドン(約283万円)が必要となる。

 

このロータリーは8年前にレロイ通りにメトロ1号線の地下駅を建設するために取り壊されていた。

 

ロータリー解体後の土地には噴水が設置されている。

 

同局によると、新しいロータリーを建設した後も噴水は維持されるという。

 

グエンフエ〜レロイ通りのロータリーは1920年に建設され、ホーチミン市およびベトナム全土で最初のロータリーとなった。

 

今年8月にメトロの地下駅建設工事が完了し、グエン・フエ通りからベンタイン市場までの約800mに及ぶ通りが整地された。

 

この通りはメトロ1号線の地下駅3つのうちの1つであるベンタイン駅を建設するために2014年半ばから封鎖されていた。

 

地下約32mに位置する同駅は4階建てで、6つの入口がある。

 

ホーチミン市初のメトロ線は1区のベンタイン市場付近からトゥドゥック市のロンビン停留所まで約20kmを結ぶ。

 

建設費用は43兆7000億ドン(約2471億3555万円)以上で、数回の遅延を経て90%以上が完成し、2023年末に運行を開始する予定である。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板