Updated 2018年07月12日

10代少年、一家5人を殺害容疑で死刑判決

 

<月曜日、Nguyen Huu Tinh被告(18)が警察官に誘導され判決の言い渡される裁判所へ向かう様子(VnExpress/Ky Hoa)>

 

多くの人が旧正月を祝っている最中、少年が起こした悲惨な殺人事件がベトナム全土に衝撃を与えた。。

7月9日に開かれた裁判で、ベトナム人の少年はホーチミン在住の一家5人を殺害したとして、死刑判決を言い渡された。

Nguyen Huu Tinh被告(18)今年2月12日、はMai Xuan Chinhさん(46)とその妻、当時6歳から12歳の子ども3人の一家5人を殺害し、罪に問われた。

その他に、同被告には2億ドン(200万円)の賠償金を被害者親族に支払うよう命じられた。

判決によると、同被告は2017年8月からBinh Tan 区周辺にある被害者のChinhさんが営む溶接所に勤務しており、毎月給料として450万ドン(22500円)のほか食事と宿が提供されていた。


殺人を犯す直前、同被告は被害者宅で行われた年越しパーティーに同僚らと参加していた。そのパーティーの後、同僚らは旧正月を家族と祝うためそれぞれの家に帰るなか、同被告は被害者家族の家の裏で旧正月を過ごしていいかと尋ね、その夜一家全員を殺害したという。

同被告は検察側に提示された罪を認め、溶接所でChinh氏の妻に頻繁に叱られるなど不当な扱いを受けた、その復讐がしたかったと供述した。


犯行から3日後、Chinhさんの家から異臭がするとの近隣住民の通報でこの殺人事件が発覚した。

この事件はベトナムにおいて最も長く、重要な祝日であるテト(旧正月)に発生したため国全体に衝撃が走った。


今年2月16日、同被告はLong An省で逃走中のところを逮捕された。

 

出典:VnExpress

 

関連記事

 

 

 

Copyright © Poste Co.,Ltd. All rights reserved.