ハノイ、2020年までに自動販売機を1000台設置へ

社会 社会 2018年07月27日


ハノイ、2020年までに自動販売機を1000台設置へ

 

共同人民委員会の声明によると、自動販売機は病院や学校、バス停留所、待合室や歴史的な名所として知られている観光地などに新たに設置されるそうだ。

 

 

 

 

人民委員会の決定によると、自動販売機は2㎢〜3㎢間隔で置かれ一箇所に最大4台の自動販売機が設置されるという。

 

 

地元当局によれば太陽光発電が使え、さらにセキュリティーも万全な自動販売機がベトナムには最適だそうだ。

 
 

昨年9月、ハノイのホアンキエム地区内の歩行者天国に自動販売機を設置した。自動販売機は在住者と観光客ともに好評だったという。

 
 

1㎢内に7つの自動販売機が設置され、一台につき300個の商品が販売されていた。

 
 

ハノイ在住のNguyen Thi Thuさん(25)はハノイ市は自動販売機をもっと設置すべきだ、特にバス停や駅、病院、産業地帯などの人が多く集まる地域には必須だと述べた。

 
 

Thuさんはドリンクを購入する際、自動販売機の方が店頭で買うよりも便利だ、そして自動販売機が窃盗される心配はしなくて大丈夫だと続けた。

 

 

 

出典:english.vov.vn

 

 

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>