フック首相、ベトナムの1人当たりGDPが3年間で17.3%上昇と発表

政治・経済 政治・経済 2018年10月23日


フック首相、ベトナムの1人当たりGDPが3年間で17.3%上昇と発表

 

月曜日、Nguyen Xuan Phuc首相は国会で今年度のGDPは一人当たり$2540(約27万9400円)となり、2015年と比較して$440(約4万8400円)増加したことを発表した。

 

 

<ハノイ郊外のXuan Hoa地区にある家具工場で働く女性労働者(写真提供:ロイター通信 / Kham氏)>

 
 
 

購買力平価に関して、2018年の1人あたりの収入は$7640(約84万400円)とされ、2020年には$8580(約94万3800円)に到達する見込みだとの見解を示した。

 
 

「多くの国際機関がベトナムの今後の見通しは良いものだとし、世界でも最も急速に経済発展している国のひとつだとしている」とPhuc首相はコメントした。

 
 
 
 

Phuc首相はベトナムの2018年のGDP成長率は6.7%であり、米中貿易摩擦や金融・通貨市場の危機などにより各国国内経済と世界経済が停滞してるにも関わらず、ベトナム経済には明るい兆候が見られ、世界で経済が低迷している2018年を乗り越えてきたと話した。

 
 
 

今年1月から9月までのGDP成長率は6.98%であり、ベトナムへの外国からの直接投資は180億ドル(約1兆9800億円)にのぼる。インフレ上昇率は4%であり、3年間連続でこの割合で増加している。ベトナムは2019年には6.6%〜6.8%ほどの経済成長をすることを目標としており、インフレ上昇率の4%を維持し続けることも目指しているとのコメントをPhuc首相は述べている。

 
 
 
 
一方で、原油価格や電気料金の高騰、高価な教育や医療サービスなどの要因がベトナムのインフレ率に影響を与えているとの見解を発表している。
 
 
 

Phuc首相は経済成長を促進させるためには、政府は国営企業主導のプロジェクトを順次遂行していく必要があると述べている。

 
 
 
 
「公共投資をより効率的に進め、資金運用の効率性を向上させる必要がある。さらに国営企業の民営化や売却を進め、安定性を高め、国家利益を最大化させることが必要だ」とPhuc首相は続けた。
 
 
 
Phuc首相は民間企業の強力な発展と全経済分野の状況がよく、競争力が高まっていく環境を作り出すことが極めて重要だとしている。
 
 
 
政府は南北を繋ぐ高速道路やDong Nai省のLong Thanh国際空港の建設工事など公共事業にも力を入れていくとのコメントもPhuc首相は発表している。
 
 
 
 
 
 
関連記事
 

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>