ベトナム人検察官、Grab社に対して180万ドルを支払い要求

社会 社会 2018年10月25日


ベトナム人検察官、Grab社に対して180万ドルを支払い要求

 

ホーチミン市で行われた裁判で検察官は不当な競合をさせたとして、Grab社がVinasun社に対して賠償金を支払うよう主張した。

 

 

<ホーチミンでVinasunタクシーに乗車する男性(写真提供:VnExpress / Phuong Dong氏)>

 
 
 

火曜日に行われた裁判で人民委員会はVinasun社との対立はビジネス上の競合であるため、裁判所の管轄外だというGrab社の主張を棄却した。

 
 
 

また、同検察官はベトナム交通・運輸省の大臣やライドシェアサービスを開始を試みている企業、Vinasun社に損失を与えている企業などにも賠償請求をすべきというGrab社の要求を拒否するよう裁判所に訴えていたという。

 
 
 

タクシー会社ではなくハイテク企業だというGrab社の主張に対し、検察官はGrab社が運転手を雇っているほか、給料の支払いや社則の決定、プロモーションの実施などを行なっているためタクシー会社としての側面を無視出来ないと反論した。

 
 
 

「Grab社が不当な競合をし、規則に反するプロモーションを行なったため、Vinasun社の利益が大幅に低下した。低料金という魅力に惹かれ、Vinasunタクシー利用者の70%以上がGrabへと乗り換えてしまったのだ」と検察官は続けた。

 
 
 

Vinasun社の純利益は2015年度が3200億ドン(約16億円)、2016度が2950億ドン(約14億7500万円)であったが、タクシー運転手8000人の離職などによる人員不足でタクシー数百台の運行停止を余儀なくされ、2017年上半期純利益は530憶ドン(約2憶6500万円)まで減少した。

15:44
 
 
 
 
 

検察官はGrab社がVinasun社に420億ドン(約2億1000万円)を一括で支払いするよう、裁判所に求めた。

 
 
 

Grab社は自社はハイテク企業なので、裁判所の関する事例ではないとの主張を変わらず続けた。

 
 
 

Grab社はVinasun社の売上減少について言及し、要因はマーケティング戦略の失敗や運転手の態度、長い待ち時間、車の性能などにあると述べた。

 
 
 

ベトナム交通・運輸省の運転手養成計画や規則を破ったとして、Vinasun社はマレーシアに本社を構えるGrab社をホーチミン市人民委員会で提訴した。

 
 
 

Grab社の違法行為により損害を被ったことを主張し、VInasun社は2016年と2017年上半期の損失760億ドン(約3億8000万円)のうち、420億ドン(約2億1000万円)はGrab社によるものだと述べた。

 
 
 

Grab社がVinasun社の損失に対する抗議を認めず裁判に参加しなかったため、詳細な証拠の提出が必要となり公判は1ヶ月遅れの先週金曜日にはじまった。

 
 
 

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>