政府転覆を企図した男、懲役12年の判決に

社会 社会 2018年09月14日


政府転覆を企図した男、懲役12年の判決に

水曜日、ベトナム中部で政府転覆を企てた男に懲役12年の判決が言い渡された。

 


<Nguyen Trung Truc被告(写真提供:Quang Binh省警察)>


今回、公判を受けたのはNguyen Trung Truc被告(44)で、「政府転覆を目的とした行動をとった」疑いで中部Quang Binh省で起訴されていた。


評決によると、Truc被告は中部で法律に反した「民主主義協会(Brotherhood for Democracy)」と呼ばれる扇動グループの指導者の1人だったという。この団体はベトナム共産党の一党独裁をやめさせるための活動を行っているほか、ベトナム国内の政治を複数政党制にするよう働きかけていた。
 

Truc被告は昨年8月に逮捕され、懲役期間は逮捕当時から始まっている。


裁判所は警察などの関係機関に対し、釈放されたあとも5年間は同被告の監視を徹底するよう要請した。
 

ベトナム刑法のもとでは「政府転覆を企図した行動」が行われた場合、反政府団体の指導者や扇動者のほか、活動に参加した市民は死刑に処されることになっている。また、それに付随する共犯者は最大15年の懲役刑に処される。

 
似たような公判が昨年4月にハノイでも行われた。ハノイの裁判所では同団体のメンバー6人が懲役9~15年の判決を言い渡されていた。
 

また、同時期に北中部のNghe An省ではLe Dinh Luong被告(53)が懲役20年とその後5年の保護観察の判決が言い渡されている。Luong被告はベトナム政府がテロ組織だと認識している「Viet Tan」の中心メンバーだった。

 

出典:VN EXPRESS

 

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>