12月4日、ホーチミンで日本の高品質な日用品や生活雑貨の商談会「グッド・グッズ・ジャパン2018」が開催された。イベントにはベトナムへ進出を試みている50社近くの日本企業と約100社に及ぶベトナム国内企業が参加した。

 

グッド・グッズ・ジャパン2018
<12月4日、ホーチミンで開催された「グッド・グッズ・ジャパン2018」の様子(写真提供:congthuong.vn)>


日本貿易振興機構(ジェトロ)が主催を務め、イベントでは子育て向けの商品や化粧品、文房具、台所用品など高品質で特徴的な様々な商品が取り扱われていた。


日本企業はベトナムの輸入業者や販売代理店と商談を行い、自社製品の機能性や品質について紹介した。


ジェトロ・ホーチミン事務所の滝本浩司所長によると、「グッド・グッズ・ジャパン」は2015年の初開催に続く2回目の開催で、日本のサプライヤーからは注目を集めており、ベトナム企業からは好反応だという。


同氏は、このイベントを通じて日本企業とベトナム企業を結ぶだけでなく、商品の生産方法や使用方法、保存方法、商品の起源といった全ての情報を提供していると述べている。


また、日本商品は他国の製品と比較して品質は優れているものの、高価格で販売していると同氏は続けた。


日本企業はベトナムで商品の生産を行うことで生産費用を削減しようとしており、ベトナム政府から税金や人材の面でさらなる支援を受けることを望んでいる。


日本のサプライヤーはベトナムの販売代理店から商品の品質やデザイン性に関してフィードバックをもらうことを期待している。ベトナムの消費者の味覚に関する市場調査では来期のベトナム市場参入に向けて商品を改善することが一つの目的である。

 

出典:VOVニュース

 

 

関連記事