東南アジア最大の太陽光発電、稼働開始

社会 社会 2019年09月09日


東南アジア最大の太陽光発電、稼働開始

東南アジア最大規模の420MWの太陽光発電事業が、タイニン(Tay Ninh)省で正式に運転を開始した。

 

7日、ベトナムの建設会社Xuan Cau社とタイの複合企業B.Grimm社との合弁会社であるDau Tieng太陽光発電複合施設は、ホーチミン市から約100km離れた場所にあるTay Ninh省Tan Chau地区で正式に発足した。

 

3億9100万ドル(約418億円)相当のDau Tieng太陽光発電所は、ベトナム最大の人造湖であるDau Tieng湖の半水面上の540ヘクタールの敷地面積を占めている。

 

同複合施設の建設は2018年6月に着手し、約10ヶ月で完成した。

 

Dau Tieng太陽光発電所は、毎年約32万世帯分の消費量に相当する約6億8800万kWhの電力を供給する予定である。

 

同発電所で発電された電力は、Tay Ninh省の電力需要を十分に満たし、他の南部地域にも供給することが可能だという。

 

中央経済委員会の委員長であるNguyen Van Binh氏は、Dau Tieng太陽光発電所がTay Ninh省をベトナムにおける発電所の『首都』の一つにするだろうと発足式で述べた。

 

「同発電所は、 グリーンエネルギーやクリーンエネルギーのための貴重な資源に貢献すると同時に、ベトナムのエネルギー安全保障の確保や地域の社会経済発展の促進に役立つだろう」と同氏は述べた。

 

Tay Ninh省は、再生可能エネルギーの大きな可能性を秘めているという。

 

同省は、すでに10件の太陽光発電事業を展開しており、そのうち6件がDau Tieng湖の半水面上にある。

 

総電力量808MWを発電すると予測されている10件の事業のうち9件は稼働しており、668MWの電力を発電している。

 

天然資源・環境保護戦略計画研究所によると、ベトナムの年間日照時間は2700時間であり、再生可能エネルギーの大きな可能性を秘めているという。

 

ベトナム政府は、原子力への依存を低減するために再生可能エネルギーへの投資を誘致するいくつかの政策を発表した。

 

現在、太陽光発電は、ベトナムにおける総発電量の0.01%を占めているが、政府はこの比率を2030年までに3.3%、2050年までに20%まで増加する計画を立てているという。

 

ベトナムは現在、電力需要を水力発電と火力発電に大きく依存しており、環境に悪影響を与えるため、国内および国際的なコミュニティーから批判を受けている。

 

ベトナムは、2030年までに、主に太陽光発電と風力発電の再生可能エネルギーを通じて10.7%の電力を生産することを目指している。

 

出典:vnexpress

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>