ダナンで薬物摘発、58名を逮捕

社会 社会 2019年08月12日


ダナンで薬物摘発、58名を逮捕

<8月10日、警察がダナンのカラオケを摘発し、薬物検査のために拘束される人々の様子(写真提供:Photo by VnExpress/Ngoc Truong.)>

 

10日未明、警察はダナンのカラオケ店に立入検査を実施し、薬物検査で陽性反応を示した58名を逮捕した。一部の容疑者は薬物更生施設への収容が検討されている。

 

警察によると、立入検査は午前1時15分に行われ、エクスタシー54錠とケタミン9袋を所持していたDang Van Ny容疑者(28)を発見したという。

 

カラオケの店内にいた67名が警察署に連行され、そのうち58名が薬物検査で陽性反応を示した。

 

薬物反応で陽性を示した者は、罰金を課されるか薬物更生施設に収容されるという。

 

ダナンは、ハノイ、ホーチミンに次ぐベトナムで第3の都市とされており、人気の観光地だ。

 

ダナンではここ数ヶ月で相次いでカラオケやダンス会場、その他娯楽施設での麻薬取引が摘発されている。

 

先月には、カラオケの個室で32名が麻薬を使用していたとして逮捕された。

 

公式データによると、ベトナムの麻薬中毒者のうちの86%が合成麻薬を使用しているという。

 

毎年ベトナム当局は、麻薬に関する事件を約2万件検挙し、約3万人を逮捕している。

 

ベトナムには約25万人の麻薬中毒者がいるが、実際はもっと多くの人がいると考えられている。

 

麻薬中毒者を社会悪として捉えて強制的に薬を止めさせる方法がベトナム国内だけでなく、国際的に非難されて以来、政府は2013年に地域に根付いた薬物依存症者向けの治療センターを創設し、自発的な治療を促している。

 

ベトナムでは毎年約4460万ドル(約44億6000円)が更正施設に費やされている。

 

出典:VNEXPRESS

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>