20日間の交通検問で薬物使用者182人検挙

社会 社会 2019年03月07日


20日間の交通検問で薬物使用者182人検挙

3月5日、交通警察は20日間に及ぶ検問を実施し、麻薬使用をしていた運転手182人を検挙したと明らかにした。
検問は国道1A号線やその他の高速道路など全国の道路を走行する8人以上乗車可能の車両やトラックを対象に1月21日〜30日、 2月11日〜20日の間実施された。

 

「Quick」という尿検査により国道1A号線で73人、他の高速道路で9人、その他道路で100人から陽性反応が出たという。

 

警察によると、ドライバーに対して行われた尿検査は法科学研究所と共同で実施されており、検査の精度は90%だと述べている。

 

交通警察署の代表者によると陽性反応が出た運転手の大半は、麻薬の使用を認めているという。

 

182人の運転手たちは免許を22〜24ヶ月間失効されるため、職を失うという。また車両は1週間押収される予定だ。

 

尿検査のサンプルは検査結果に対する運転手の訴えが出るまでの20日間保存され、その後処分される予定だという。

 

薬物使用者や飲酒運転による恐ろしい事故が多発している。1月、Hai Duong州北部の高速道路を歩いていた8人の歩行者が、薬物を使用したドライバー(28)の運転するトラックに巻き込まれ死亡する事故が起きた。

 

同月、南部のLong An省で信号待ちをしていたバイクにトラックが衝突し4人死亡、16人が負傷する事故が起きた。検査によりトラックの運転手(32)から大量のアルコールとヘロインが検出されたという。

 

ベトナムでは交通事故が主な死因の1つに挙げられ、1時間1人のペースで交通事故による死者が出ている。国家交通安全委員会によると、2018年度には1万8720件の事故が起き、8,244人が死亡 、1万4,800人以上が負傷しているという。

 

出典:VnExpress

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>