ホーチミン地下鉄計画に遅れ、1号線は2021年開通か

社会 社会 2019年09月06日


ホーチミン地下鉄計画に遅れ、1号線は2021年開通か

ホーチミン市の2つの地下鉄計画は、行政手続きと財政難のため予定より1~2年遅れて完成すると見込まれている。

 

交通運輸局は、ベンタイン-スイティエン間とベンタイン-Tham Luong間の地下鉄計画の進捗状況などの報告書を提出した。

 

同局によると、ベンタイン-スイティエン間の地下鉄1号線は2020年完成予定だったのが2021年にズレ込むという。

 

同局は以前、ベトナム政治局に対して投資の調整を依頼し、2020年完成予定と予定日を変更したものの、交通運輸省はこの調整に応えなかったという。

 

また、評価替資本や資本収支についての関連資料も完了していないという。

 

交通運輸局はホーチミン市都市鉄道管理局に対して、計画投資省と協力して速やかに資料を作成するよう催促した。

 

ベンタイン-Tham Luong間の地下鉄2号線の計画については、計画投資省と財務省が投資に関しての決定をまだ何も下していないという。

 

ベンタイン-Tham Luong間の地下鉄計画も遅れており、断続的に計画の調整が行われている。

 

ベンタイン-Tham Luong間の地下鉄は、2024年に完成予定だったが、2026年になると予測されている。

 

今年の1~8月のホーチミン市における経済・文化・社会状況を討議する会議で、ホーチミン市人民委員会のVo Van Hoan副委員長は、2つの地下鉄計画の資本調整は承認されたものの、まだ手続きは完了していないと述べた。

 

手続きは全て、9月下旬に完了する予定だという。

 

出典:dtinews

 

関連記事

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>