サッカーベトナム、タイ戦ドローで準決勝進出

社会 社会 2019年12月06日


サッカーベトナム、タイ戦ドローで準決勝進出

5日、サッカーベトナム代表はタイとの一線で引き分けに持ち込み、東南アジア競技大会(SEA Games)準決勝進出を決めた。


ペナルティーキックのミスや最初の奇妙な失点はあったものの、2対2でタイと引き分けたことでベトナム代表はグループBトップになった。


前半5分、キーパーのNguyen Van Toan選手がボールを蹴った際にタイのストライカーSupachai Jaded選手に当たり、そのまま失点した。


前半10分にはキーパーのToan選手が飛び出した際に、タイ代表Suphanat Mueanta選手が2点目を決めた。


その後、ベトナム代表はすぐに盛り返した。前半15分、Tien Linh選手が3人のディフェンスを抜き、左サイドへクロスから得点に繋がった。


後半もベトナムは果敢に攻めの姿勢を続けたが、なかなか得点に繋げることはできなかった。しかし、その後獲得したPKで試合は劇的な展開となった。


Tan Sinh選手のペナルティーキックはタイのキーパーMuangnam選手に弾かれ、Duc Chinh選手もこぼれ球を決めることができなかった。


しかし、タイのキーパーMuangnam選手がTan Sinh選手がボールに触れる前にラインを超えたことからPKやり直しを獲得した。


仕切り直しのPKでベトナムのTien Linh選手がゴールを決め同点になり、試合は終了。


厳しい試合で勝ち取った勝ち点でベトナムはグループBの首位となり2位はインドネシアとなった。

 

ベトナムの次戦は対カンボジアで、12月7日19時試合開始予定だ。インドネシアはグループA覇者のミャンマーとの対戦を予定している。

出典:VNExpress
 

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>