ホーチミン:コロナウイルス対策で286人を入国拒否

社会 社会 2020年02月10日


ホーチミン:コロナウイルス対策で286人を入国拒否

 

新型コロナウイルス感染拡大の対策として、ホーチミン市は1月30日以降、中国で乗り継ぎまたは滞在した286人を入国拒否したという。

 

入国が拒否された286人は、合計16のフライトタンソンニャット国際空港に到着した乗客だ。16のフライトのうち2便はベトナム航空の運航する便だったという。

 

286人の内、218人がキャセイパシフィック航空の便で香港からホーチミンに到着した乗客で、43人はマレーシア、10人はタイ、4人はシンガポールからそれぞれ到着した乗客だという。

 

入国が拒否された人について、空港当局は出発地に引き返す前に、特別制限ゲートで体温チェックを行ったという。

 

タンソンニャット空港はこれまでのところ、新型コロナウイルスに感染している疑いがあるとして3人を隔離した。検査の結果、2人は陰性であり、3人目は結果を待っている。

 

ベトナムは2月1日以降、中国本土への路線の運航停止措置を講じており、欠航便の数は1日平均40便にものぼっている。

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

ハノイの耳寄り情報

ダナンの耳寄り情報

More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>