ホーチミンのおすすめスパ|予約必須の人気スパやシャワー付きスパ、ホテル内スパまで紹介

美容健康 美容健康 2018年06月25日


ホーチミンのおすすめスパ|予約必須の人気スパやシャワー付きスパ、ホテル内スパまで紹介

ホーチミンにはスパが多くあり、日本より安い価格でスパを楽しむことができると日本人から人気を集めています。

ただ、街を歩けばスパが目に入るほど多くあるため、いざスパに行こうとしても、どのスパがおすすめなのか迷ってしまいますよね!

そこで、今回は口コミサイトでランキング上位の人気スパから、高級ホテルのジャグジー付きスパ、子連れでも利用できるスパや男性に人気のスパ、シャワーを利用できるスパまで、ホーチミンのおすすめのスパをまとめて紹介します。

 

 

アンズスパ(An’s Spa)

 

「アンズ スパ(An’s Spa)」はホーチミン1区の大通りから一歩入った路地裏にあるスパです。

「アンズ スパ」の大人気メニューはヘッドスパ!
気功や指圧、東洋医学に携わってきた専門家が開発したこだわりのヘッドスパです。
ストレスや頭痛の軽減や肩・首周りのほぐし効果があるため、「パソコン作業ばかりで肩や首に疲れが溜まっている」という方に人気があります!
普段仕事で疲れている男性の利用も多いようです。

元々日本で働いていたオーナーが経営しているため、サービス・清潔さは日本クオリティ。

 

▶︎予約はコチラ

 

「アンズ スパ」詳細情報

 

 

エミスパ(Emi spa)

 

ホーチミン中心地、ドンコイ通りの路地裏に佇む、隠れ家的なスパ「エミスパ」。
日本語で「笑み」を意味する店名には「スパを受けて笑顔になってほしい」という想いが込められているのだとか。

路地裏に佇む「エミスパ」の館内に入ると、ホーチミンの喧騒を忘れてしまうような落ち着いた空間が広がります。リゾートスパのような雰囲気です。

「エミスパ」の人気メニューは「スウェーデン式マッサージ」。
筋肉をしっかりとみほぐすマッサージで、血流が促進され、体温と自己治癒力が高まる効果があります。

スウェーデン式マッサージは60分で92万ドン(約4600円)と、日本に比べるとかなり安い料金です。

スパの後、シャワーの利用もできるため、日本へ帰国前に「エミスパ」でスパを受けて空港に向かう観光客も多いようです。

 

▶予約はコチラ

 

「エミスパ」詳細情報

 

 

ゴールドスパ(Gold Spa)

 

「ゴールドスパ」はホーチミンの日本人街、タイバンルンに位置するスパです。
日本語が堪能なベトナム人オーナーが経営するスパで、サービスも日本人が納得するクオリティと評判です。

おすすめは指圧マッサージとタイ式マッサージが組み合わさった「ゴールドスパ」独自のマッサージ、ゴールドボディーマッサージです。
身体の疲れている所をしっかりと揉みほぐしてくれると評判です。

ゴールドボディーマッサージは60分で40万ドン(約2000円)。
日本と比べたらもちろん安いですが、ホーチミンの中でも料金は比較的安いです。

日本人街の中心ということもあり、ベトナム在住者に人気のあるスパです。

 

「ゴールドスパ」詳細情報

 

 

マッサージユアン(Massage Yuan)

 

「マッサージユアン」はホーチミン2区にあるマッサージ店です。
2008年にオープンして以来、幾度となく日本の旅行ガイドブックにも紹介されている人気スパです。

ベトナム式マッサージの要素を取り入れた「マッサージユアン」のマッサージは日本人観光客と在住者どちらからも支持されています。

60分のボディーマッサージは40万ドン(約2000円)、フットマッサージ 18万ドン(約900円)〜です。

予約から受付まで日本語対応で、日本語メニューも用意されているため、英語やベトナム語がわからない方でも安心です。

 

「マッサージユアン」詳細情報

 

 

セブンデイズ スパ&マッサージ(7 Days Spa & Massage)

 

「セブンデイズ スパ&マッサージ」はホーチミンの日本人街であるレタントンからも徒歩圏内にあるスパです。

フットマッサージや指圧マッサージ、タイ式マッサージ、ホットストーンマッサージなどを受けることができます。マッサージは60分で35万ドン(約1750円)〜と、クオリティの高さにしては安いのではないでしょうか。

フェイシャルケアメニューも充実しており、女性にもおすすめです。

また、館内には個室も完備されているため、友人やカップルでプライベート感のある中、スパを楽しむことができます。

 

「セブンデイズ スパ&マッサージ」詳細情報

 

 

ユアン スパ & マッサージ(Yuan Spa & Massage)

 

「ユアン スパ & マッサージ」はホーチミンの日本人街と呼ばれるレタントンにあるスパです。
お店の入れ替わりが激しいエリアで、創業から10年以上、愛されている老舗スパ。

アロマオイルを使ったボディマッサージが人気メニューで、身体の凝りをほぐしてくれます。
また、フットマッサージは40分18万ドン(約900円)とリーズナブル。

レタントン界隈の他のスパと比べるとかなり安い価格帯です。

予約から受付まで日本語対応のため、英語やベトナム語を話せない方でも安心して利用することができます。

 

「ユアン スパ & マッサージ(レタントン店)」詳細情報

 

「ユアン スパ & マッサージ(ファンビッチャン店)」詳細情報

 

 

フン ビエット スパ&ネイル(Huong Viet Spa & Nail)

 

「フン ビエット スパ&ネイル」はホーチミンの日本人街と呼ばれているレタントンにあるスパ&ネイルサロンです。
ボディマッサージやボディケア、フェイスケア、ネイルケアを受けることができます。

「フン ビエット スパ&ネイル」の最大の特徴はコスパの良さ!
ボディマッサージが60分で32万ドン(約1600円)、フットマッサージは60分で18万ドン(約900円)とレタントンではかなり安い価格でスパを楽しむことができます。

ホーチミンの喧騒を忘れてしまうような落ち着きのある空間で、癒しの時間を過ごしてみてください。

 

「フン ビエット スパ&ネイル」詳細情報

 

 

ユリスパ(Yuri spa)

 

「ユリスパ」 はホーチミンの雑貨通りと言われるドンコイ(Dong Khoi)通り近くに位置するスパです。

日本の観光雑誌や観光サイトでも良く紹介され、ホーチミンのスパの中でも人気ランキングが高いスパです。

スパのメニューはアロママッサージやホットストーンマッサージ、指圧マッサージ、タイ式マッサージなど豊富。
アロママッサージは69万ドン(約3450円)〜。その他のマッサージも80万ドン(約4000円)程度とリーズナブル。

マッサージルームは男女別のため安心。
また、VIPルーム(個室)もあるためカップルでの利用にもおすすめです

「ユリスパ」では無料送迎サービスも行なっており、宿泊先のホテルやご自宅まで送迎してくれるのでラクラクです。予約や受付も日本語対応のため、英語やベトナム語が苦手な方でも安心してスパを楽しむことができます。

 

「ユリスパ」 詳細情報

 

 

東屋マッサージ

 

「東屋マッサージ」は日本人に人気のビジネスホテル「東屋ホテル」併設のマッサージ。

ベトナム在住日本人に「本当に気持ちのいいマッサージはどこ?」を聞くと必ずと言っていいほど「東屋マッサージ」の名前が挙がります。
その評判の良さからリピート率は90%以上。

メニューは全身マッサージとフットマッサージの2種類から選ぶことができ、40分フットマッサージが20万ドン(約1000円)〜、70分全身マッサージが25万ドン(約1250円)〜で用意されています。
受付や予約を日本語で行えるところも「東屋マッサージ」のおすすめポイントです。


▶予約はコチラ

 

「東屋マッサージ」詳細情報

 

 

アインズ(Ainz)

 

「アインズ」 は東屋ホテル2階で鍼灸師が営む本格的な治療院です。

普段のデスクワークの多さから発症する腰痛や、スポーツでのケガなど、身体の不調を根本から解決する治療を受けることができます。

カウンセリングから始まり、身体の状態を確認した上で、その人にあった完全カスタマイズの治療を行います。
治療の後には日常生活での注意点やトレーニング方法、セルフケアの方法の指導もあるため、身体の不調の根本改善から再発防止までトータルケアしてくれます。

「アインズ」 は鍼灸師1人で営む小さな治療院のため完全予約制です。
ネットで簡単に予約することができ、診察料は100万ドン(約5000円)からです。日本では数万円する治療が5000円程度とリーズナブルです。

ベトナム在住者や出張で定期的にベトナムにくる日本人が多く利用しています。

 

▶︎予約はコチラ

 

 「アインズ」詳細情報

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>