ホーチミンでかわいい雑貨屋はどこ?ブログで紹介されたおしゃれな店も紹介

観光 観光 2019年03月18日


ホーチミンでかわいい雑貨屋はどこ?ブログで紹介されたおしゃれな店も紹介

ホーチミンには、普段使いの雑貨からお土産用の雑貨まで、おしゃれでかわいい雑貨がたくさんあり、雑貨屋さんも多くあります。
たくさんあると、どこの雑貨店で何を買ったらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか? 
今回はホーチミンで買うことのできるおしゃれな雑貨や雑貨屋さんを徹底解説します。
なかには有名ブログで取り上げられたことのある雑貨店もあるので必見です!! 

 

 

ホーチミンで購入できる雑貨

 

ホーチミンで買うことのできるおしゃれな雑貨の中には、東南アジア感のある雑貨や日本でも使えるおしゃれな雑貨などさまざまです。
ここではホーチミンで購入できるおすすめの雑貨を紹介します。

 

カゴバック・プラバック

日本でも大人気のカゴバック。
夏のおしゃれには欠かせない定番アイテムなのではないでしょうか?
そんなカゴバックをホーチミンでは、日本より大幅に安く買うことができます。中には日本でそのまま販売されているカゴバックを現地の価格で購入できるお店も。
ホーチミンは常に夏なので、年中買うことができます。女性へのお土産にもピッタリですね。

 

巾着・刺繍もの

ホーチミンのお土産として大人気なものの一つが巾着。
特にベトナムらしい刺繍やカラフルな刺繍の入った巾着は、アクセサリーや化粧品などを入れるのにピッタリです。また物にもよりますが、1つあたり3万ドン(約150円)程度という値段の安さでも嬉しいポイントです。

 

バッチャン(Bat Trang)焼き

「バッチャン(Bat Trang)焼き」はベトナムの伝統工芸品の一つです。ベトナム北部のバッチャン村という場所で作られているためその名がつけられています。最近ではさまざまなデザインのバッチャン焼きが登場しており、かわいいデザインのお茶碗や急須、おちょこまで販売されています。日本に持ち帰っても使えるものも多いので、自分用のお土産にもおすすめです。

 

 

ホーチミンのおしゃれな雑貨屋

 

ホーチミンには数多くの雑貨屋があります。どの雑貨屋にもかわいいものやおしゃれなものがあるのでどこに行けばいいか迷ってしまいますよね。ここでは、とくにおすすめの雑貨屋を厳選して紹介します。

 

ルージン(L'USine)

「ルージン(L'USine)」はホーチミン1区に3店舗を構えるセレクトショップ兼カフェレストランです。世界各国から厳選したおしゃれなアパレルや雑貨、日用品、食品などが販売されています。「L'Usine」が手がけたオリジナル商品やベトナム有数のデザイナーが手がけた商品のコレクションなど「L'Usine」でしか手に入らないこだわりの品も取り揃えられています。

 

詳細情報

 

 

アンクルビルズ(Uncle Bills)

「アンクルビルズ(Uncle Bills)」はタオディエンにあるおじさんのマークが目印の輸入雑貨ショップです。キッチン用品や文房具、掃除用品、ギフトグッズなどあらゆる商品を取り揃えています。「Uncle Bills」で取り扱っている商品はすべて北欧やオーストラリアデザイナーの輸入商品。おうちにちょっと取り入れるだけでも家の中がおしゃれになります。ホーチミンでおしゃれな雑貨を見つけられていない方、質のいいキッチン用品や掃除用品を探している方にはぴったりのお店です。

 

詳細情報

 

アウセンティックホーム(Authentique Home)

「アウセンティックホーム(Authentique Home)」はホーチミンに3店舗を展開する雑貨屋です。古くから人間の生活に取り入れられきた陶器や刺繍、木を使った棚などのインテリアを取り扱っています。一つ一つ手作りにこだわり、ベトナム伝統と現代のスタイルを合わせたデザインが特徴です。どの雑貨も派手すぎず、自然に普段の生活に取り入れることができます。

 

詳細情報

 

イパニマ(Ipa-Nima)

日本でも実は有名な「イパニマ(Ipa-Nima)」はホーチミンにも出店しています。「Ipa-Nima」ではカラフルでファンシーなカバンや財布などが取り扱われています。ベトナムではハノイとホーチミンに店舗を展開しており、日本で買うよりもお得に購入できるという噂も。アジアンテイストの雑貨がほしい方にはぴったりのお店です。

 

詳細情報

 

ココ(Coco)

「ココ(Coco)」はホーチミン1区のドンコイエリアにある雑貨屋です。小さなアクセサリーからオーダーメイドのワンピースまでさまざまな種類の雑貨を取り扱っています。どの雑貨も日本人の好みのかわいいものばかりだと評判です。店員さんの接客態度も丁寧で、特に日本語を上手に話せる店員さんもいるため安心して買い物をすることができます。

 

詳細情報

 

キト(Kito)

「キト(Kito)」はホーチミン1区のドンコイ通りにある雑貨屋です。ベトナム土産としてもピッタリなかわいいトートバックやストラップが売られています。「Kito」はとくにバッチャン焼きを数多く取り揃えているのが特徴です。バッチャン焼きは普段使いできるものも多いので自分用でも友人用としてもおすすめです。日本語対応可能なスタッフも在籍しているのも嬉しいポイントです。

 

詳細情報

 

エムエム(em em)

「エムエム(em em)」はホーチミン1区のドンコイエリアにあるお土産屋です。刺繍の入った小物やバッチャン焼き、オーダーメイドのTシャツまで販売されています。「em em」の特徴はオリジナルの小物やポーチを買うことができる点です。他の店に比べると少し値段は高めですが、品質がよく特別感があると日本人観光客からも高評価を得ています。店内には日本語表記が多いのも嬉しいポイントです。

 

詳細情報

 

トンボ(Tombo)

「トンボ(Tombo)」はホーチミン1区のドンコイエリアに2店舗ある有名なお土産屋です。日本人好みの可愛い雑貨が販売されていると旅行者にも在住者にも人気を博しています。「Tombo」には小さなポーチや巾着などの小物が特に多く、しかもお手頃価格で販売されており、日本へのばらまき用にはぴったりです。普段から使えるアクセサリーやポーチももちろん用意されています。日本語が話せるスタッフさんがいる点も嬉しいポイントです。

 

1号店詳細情報

 

2号店詳細情報

 

ガー アート&クラフト(Nga Art & Craft)

「ガー アート&クラフト(Nga Art & Craft)」はホーチミン1区に2店舗を展開する陶磁器専門店です。店内には色鮮やかな漆を使った器や木から作られた小物置きなどが販売されています。ちゃんとしたお土産にもなる品質のいい器を購入することができるため、日本人からも高評価を得ています。

 

マクチブイ(Mac Thi Buoi)店詳細情報

 

レタントン店詳細情報

 

アヌパ(anupa)

「アヌパ(anupa)」は主に革製品と宝石、洋服を取り扱っている雑貨屋です。店舗はホテルシェラトン内にもあるため、日本人観光客からも人気を集めています。「anupa」はユニークという意味が込められており、オーナーはどの国でも使えるシンプルかつ独自のデザインにこだわっています。また、どの製品も1点もののため大切な人へのギフトにも最適です。

 

ドンコイ通り店詳細情報

 

タオディエン店詳細情報

 

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>