スクールバス置き去り、4歳少年重体

2019年09月17日 00時00分 公開
スクールバス置き去り、4歳少年重体

ベトナム北部のバクニン省で4歳の少年が、7時間スクールバスに置き去りにされ、入院する事件が発生した。

 

16日、バクニン省公安局のPham Van Luong大佐はDtinews紙に対して、スクールバス置き去り事件は13日ティエンズー区の幼稚園で発生したと語った。

 

スクールバスが8時に幼稚園に到着し、運転手は4歳の少年がバスに乗っているとは気づかずに、「児童全員が降りたと思いバスを駐車場まで運転した」と語った。

 

運転手が午後3時にバスに戻った時に少年の意識はなかったという。運転手は近くの病院まで搬送し、その後少年は国立病院の小児科に搬送された。

 

Pham Van Luong大佐は、バスのドアが少し開いていたのが幸いだったと語った。

 

国立病院の小児科の医師は、少年が搬送された時、高熱と低血糖症で危険な状態だったが、2日間の治療の後、快方向かっているという。

 

警察は、スクールバスを押収し、原因解明のために関係者らから事情聴取をしている。

 

8月6日にも、ハノイのゲートウェイインターナショナルスクールの6歳の少年が9時間にも渡りスクールバス車内に置き去りにされ死亡する事件が発生していた。

 

出典:dtinews

 

関連記事

[© poste-vn.com 2012-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories