サッカーベトナム、タイ戦ドローで準決勝進出

2019年12月06日 00時00分 公開
サッカーベトナム、タイ戦ドローで準決勝進出

5日、サッカーベトナム代表はタイとの一線で引き分けに持ち込み、東南アジア競技大会(SEA Games)準決勝進出を決めた。


ペナルティーキックのミスや最初の奇妙な失点はあったものの、2対2でタイと引き分けたことでベトナム代表はグループBトップになった。


前半5分、キーパーのNguyen Van Toan選手がボールを蹴った際にタイのストライカーSupachai Jaded選手に当たり、そのまま失点した。


前半10分にはキーパーのToan選手が飛び出した際に、タイ代表Suphanat Mueanta選手が2点目を決めた。


その後、ベトナム代表はすぐに盛り返した。前半15分、Tien Linh選手が3人のディフェンスを抜き、左サイドへクロスから得点に繋がった。


後半もベトナムは果敢に攻めの姿勢を続けたが、なかなか得点に繋げることはできなかった。しかし、その後獲得したPKで試合は劇的な展開となった。


Tan Sinh選手のペナルティーキックはタイのキーパーMuangnam選手に弾かれ、Duc Chinh選手もこぼれ球を決めることができなかった。


しかし、タイのキーパーMuangnam選手がTan Sinh選手がボールに触れる前にラインを超えたことからPKやり直しを獲得した。


仕切り直しのPKでベトナムのTien Linh選手がゴールを決め同点になり、試合は終了。


厳しい試合で勝ち取った勝ち点でベトナムはグループBの首位となり2位はインドネシアとなった。

 

ベトナムの次戦は対カンボジアで、12月7日19時試合開始予定だ。インドネシアはグループA覇者のミャンマーとの対戦を予定している。

出典:VNExpress
 

 

関連記事

[© poste-vn.com 2012-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories