日本人ビジネス関係者ら150人がベトナム入国、臨時便で

日本人ビジネス関係者ら150人がベトナム入国、臨時便で

<写真:VnExpress>

 

25日午後、日本のビジネス関係者ら150人を乗せた臨時便がベトナムへ到着した。

今回の渡航は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために両国間で講じられている入国制限緩和の最初の一歩となった。

 

ベトナム航空が運航したVN311臨時便は、ベトナム日本商工会議所(JCCI)が手配・調整し、成田国際空港からクアンニン省のバンドン国際空港へと向かった。

空港関係者によると、今週、日本からさらに2便の到着が予定されており、さらに約300人の日本人ビジネス関係者らがベトナムに入国することになるという。

 

25日に到着した150人は、全員防護服を着用しており、入国時に健康状態の申告や検温、荷物の消毒などの徹底した新型コロナウイルス封じ込め措置が取られたとされる。

今後は、新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインに従い、14日間の隔離措置を受けるという。

 

19日、日本とベトナムの両政府は、現在講じられている出入国制限について、段階的緩和で合意したと明らかにされた。

また、23日に開かれた記者会見で日本の茂木外相は、今月25日〜27日の3日間にわたり、ビジネス関係者ら440人が臨時便で日本からベトナムへ入国すると明らかにしていた。

 

ベトナムは、日本のほかに、中国、韓国を含むいくつかの国・地域と、専門家や経営者などを対象とした段階的な入国制限の緩和について協議を重ねている。

ベトナムでは3月下旬に外国人の入国を禁止と国際線の一時停止をしているが、政府は、帰国目的のベトナム人や主要な経済プロジェクトに必要とされる人材を乗せた救援便を手配している。 

 

一方、日本では、新規コロナウイルスの感染拡大防止のため、111の国・地域からの入国が禁止されている。
 

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories