ベトナムと日本、出入国緩和に合意 茂木外相が発表

ベトナムと日本、出入国緩和に合意 茂木外相が発表

日本の茂木外相は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため講じられている入国制限について、ベトナムと段階的緩和で合意したと19日の記者会見で明らかにした。

日本が新型コロナ対策を巡り、出入国制限の緩和で合意したのはベトナムが初めての国となる。

 

これに先立って、日本政府はベトナムとタイ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国と出入国制限の緩和を調整すると発表していた。

今回の記者会見で「(出入国制限の緩和は)ベトナムとタイが先になる」との方針が明らかにされた。

 

今後、人の往来における出入国制限緩和の時期や出入国の手順の協議をベトナムと日本で進めるという。

ベトナムとの出入国制限緩和までにはそれほど時間は要さないとの見通しを茂木外相が示しているが、今回の合意で両国の出入国制限緩和が現実的に進むとみられている。

 

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories