フック首相:外国人観光客の受入準備できていない

フック首相:外国人観光客の受入準備できていない

<写真:VnExpress>

 

フック首相は、24日に開かれた政府会議で、新型コロナウイルスが依然として多くの国に影響を及ぼしているため、ベトナムはまだ外国人観光客を受け入れる準備ができていないとし、政府の最優先事項は人々の健康を守ることだと話した。

またフック首相は、関連機関に対して、新型コロナウイルスの第2波がベトナム国内で発生しないよう、封じ込め対策を徹底するように命じた。

 

ベトナムでは、国内地域感染の症例が報告されない状態で2か月以上が経過した。

一方で、中国や韓国など一部のアジア諸国は新型コロナウイルスの第2波に苦しんでおり、世界的な感染状況は改善されていないことから、ベトナムは外国人観光客の受け入れができないという。

ベトナム政府は、国内の状況と国際情勢を念頭に置きながら、観光を目的とする国際線の再開について決定するとフック首相は述べた。

 

今月9日、フック首相は、ベトナムとの国際線の再開を優先させる路線として、広州、東京、ソウル、台湾、ラオス、カンボジアを挙げている。

また、ベトナム航空とバンブー航空は、7月1日から日本、韓国、台湾などへの国際線の運航を再開する計画を発表しており、政府からの承認を待っている状況だという。

しかし、専門家からは、アジア諸国で発生している第2波を考慮すると、国際線再開の計画の実行は不可能であり、渡航制限の解除に関する二国間協議もまだ行われている最中だとの声も多く上がっている。  
 

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories