ベトナム、短期滞在の専門家らに対する隔離措置を廃止へ

2020年09月03日(木)18時37分 公開
ベトナム、短期滞在の専門家らに対する隔離措置を廃止へ

<写真:ベトナム保健省>

 

ベトナム保健省の Nguyen Thanh Long大臣代理は、ベトナムに14日以内の短期滞在をする外国人専門家、投資家、マネージャー、外交官らに対し、14日間の隔離措置を廃止する政令No. 4674 / BYT-MTに署名した。

しかし、依然としてベトナム保健省が発行する新型コロナウイルス感染拡大防止対策のガイドラインに厳格に遵守する必要があり、マスク着用や握手を控えるなどの感染防止策に努めるよう要請している。

入国時には新型コロナウイルス感染の検査を含む医療手続きに関しては、引き続き行わなければならないという。

 

短期滞在社の隔離措置を免除するためには、国際的な保険に加入するか、専門家らを招聘した会社が保証人になる必要があり、招聘された者がベトナムで新型コロナウイルスに感染した場合、全ての医療費やその他の費用を負担しなければならないという。

専門家や公務目的でベトナムに入国する者と接触する人に関しては、隔離対象とはならないものの、最後に接触をした日から14日間は自身で健康観察を行う必要があるという。

 

専門家らは少なくとも勤務を開始する1日前に入国する必要があり、入国時には感染者追跡アプリである「Bluezone」から健康状態を申告する必要がある。

滞在中に発熱、咳、喉の痛み、息切れなどの新型コロナウイルスが疑われる症状が出た場合は招待した会社または医療当局などに報告しなければならないという。

 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories