ダナン:経済状況が悪化、ロックダウンで経済麻痺

2020年09月07日(月)19時26分 公開
ダナン:経済状況が悪化、ロックダウンで経済麻痺

<写真:Tienphong.vn>

 

新型コロナウイルスの影響でダナンの経済状況が悪化している。

ダナン市統計局によると、ダナンの経済の主要部分を担うサービス部門は、新型コロナウイルスの流行が複雑化し、感染拡大状況が予測不能となっていることで深刻な影響を受けているという。

 

6月から7月上旬のダナンの観光産業は、国内観光促進プログラムが功を奏したこともあり、国内観光客で回復を見せていた。

しかし、新型コロナウイルス第2波に伴う社会的隔離措置の影響で、ベトナム政府が力を入れていた国内観光促進プログラムは完全に停止となった。

その結果、短期的ではなく、2020年全体の成長に大きなマイナス影響を与えるとみられている。

 

8月のダナンの宿泊サービスとケータリングサービスにおける収益は、7月と比較して75%以上減少した。宿泊サービスにおける収益に関して言えば、7月と比較して97%の減少となった。

 

 

また、第2波の影響で、ダナン発着の国内ツアーは全てキャンセルとなり、観光産業は壊滅的な打撃を受けたとされる。

今年1月〜8月の観光収入は5570億ドン(約25億円)と推定され、昨年同時期に比べると63.6%の減少だ。

 

新型コロナウイルスによる影響が長引くにつれて、ダナンの観光産業を支えてきた韓国人の本国帰国も相次いでいる。

新型コロナウイルスが世界的に流行する前は、韓国から1日20便以上も直行便が運航され、年間100万人以上がダナンを訪れていた。

ダナン在住の韓国人も7000人程度まで増加していたが、新型コロナウイルスの感染拡大以降、韓国人が相次いで帰国しており、今回の第2波発生でさらに多くの韓国人が帰国したとみられる。

現在までで、韓国人在住者数は数百人程度まで減少したとの情報も飛び交っている。

 

ベトナムは9月15日より、日本・韓国を含む複数の国と地域との国際線を再開させる方針だが、仮に国際線の運航が再開されても隔離などの検疫措置が義務付けられるため、どれだけの人が往来するかは未知数だ。
 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories